雲母書房
書籍詳細
<はじめてみよう老人ケアに紙芝居歌遊び>
待ちぼうけ

【脚本・絵】 北川鎭、【監修】 遠山昭雄
2,400円(税込:2,592円)
紙芝居
B4判 / 上製
12頁
2017年09月10日
978-4-87672-351-5
4-87672-351-6


お百姓さん。きょうも暑い日中、せっせと畑を耕しています。ある日、畑の中をうさぎが駆けっこ。ところがうさぎの一羽が木の株にぶつかり、そのまま動かなくなった。

 お百姓さんは思わぬ獲物に「もしかして待っているだけで、獲物は向うからやってくるに違いない」と、次の日から畑を耕すのをやめ、ひたすらうさぎの来るのを待っています。

北風が吹き始めるころになると、もううさぎは来ません。それでも待っています。そのうち田畑は荒れ、草ぼうぼうの荒れ野となってしまいます。

 うさぎも得られず、田畑も失ったこの百姓の哀れな末路は、国中の笑いものになったと言うことです。

 




Copyright(c)2007 KiraraShobo Ltd.All Rights Reserved