雲母書房
書籍詳細

「臨床心理学」という近代
その両義性とアポリア

大森与利子 【著】
2,600円(税込:2,808円)
心理
A5判 / 上製
344頁
2005年11月11日
978-4-87672-184-9
4-87672-184-X


市場競争原理に取り込まれ拡大化しつつある、臨床心理学という近代知。 今日の臨床心理学は、個人還元論が優勢で、社会・状況還元論は退潮傾向にある。そのアンバランスな構図に不健全な時代状況が映し出されている。 はたして、この近代知は個に優しい知なのか。共同性感覚を育む知となり得るのか。

第一章 「臨床心理学」の問題系
1「臨床心理学」という突出現象
2ポピュリズムと心理学
3「心いじり」に群がる人々
4もうひとつの「逆転移」〜臨床家の「シニフィアン」と「シニフィエ」〜
5「臨床心理学」というイデオロギー〜人間観を追う〜

第二章 市場競争原理主義と「心理学」の台頭
1個体還元論(こころ主義)の蔓延
2消費社会における個人化の進展と「心理学」の役割
3自己責任論と自助努力論

第三章 「臨床心理学」という近代
1「臨床心理学」のアポリア
2「個人の病理」と「関係性の病理」
3「語ること」と「語らされること」〜ナラティヴ・セラピーという試み〜

第四章 近代性と精神分析
1精神分析の深淵
2フェティシズムと近代性

終章 アポリア超克は可能か〜パラダイム変換への視座〜
1「臨床心理学」の射程と限界
2「エスノメソドロジー」という視点
3「共生・共存」へのアプローチ



Copyright(c)2007 KiraraShobo Ltd.All Rights Reserved