雲母書房
書籍詳細

お客は集めて切りなさい

佐々木邦宏
1,400円(税込:1,512円)
ビジネス
四六判 / 並製
232頁
2010年06月02日
978-4-87672-288-4
4-87672-288-9


不況、将来不安が渦巻く環境の中、経営者なら誰もが陥りやすい錯覚とは、安くすれば売れると思い込むことだ。これだけ安くしたのだから売れるだろうと広告を入れる。でも、電話は鳴らないし、ちっとも売れない。「こんなに安くしたのになぜ?」と頭を抱える。これが小企業の現実だ。値下げをすれば自ら客単価を下げることになるので、ますます売上を作りにくくなるのだが、同業他社の値下げには追随せざるを得ない。顧客を奪われる恐れがあるからだ。売れないものは安くしても売れない。経費や人件費など、絞れる雑巾が存在する大手企業はまだよいが、我々小企業は一体どうしたらよいのだろう?

第1章 消費者の頭に忍び込め
第1節 メッセージを届けるには
―現代は情報化社会。研ぎ澄まされたメッセージでなければ
 消費者の頭には食い込めない

第2節 敵を知り、己を知る
―敵を知り、己を知れば百戦危うからず

第3節 パラダイムを変える
―パラダイムを変えると同時にセルフイメージも改善しよう。
  そうすれば現実が変わる

第2章 集客の常識を疑え
第1節 あなたからお客に近づいてはいけない
―行き詰まったら方法を変える。でもどう変えたらよいのか?

第2節 DRMが効かない!
―競争相手もDRM。あなたもDRM。同じ手法で競争したら成果は?

第3節 従来のDRMから無料マーケティングへ
―情報があふれ返る時代に消費者の行動を促すモノサシとは?

第3章 お客を集める
第1節 新規客獲得のハードルは5つ
―集客の憲法9条を遵守せよ。
  9条を支える5つの条件をクリアするには

第2節 お客を瞬時に振り向かせる
―タイトル・見出しにいかに注目させるか?

第3節 広告を最後まで読ませる
―コンテンツの最後まで目を通してもらうには?

第4節 見込み客を行動に駆り立てる
―なじみのない客はテコでも動かない。
  すぐさま行動に移してもらうには?

第4章 お客を切る
第1節 見込み客を発掘する
―理想的な見込み客かそうでないかを見極める。

第2節 信頼関係づくり&商談に入る
―販売、営業、セールスの極意は「切る」という部分に存在する。



Copyright(c)2007 KiraraShobo Ltd.All Rights Reserved