雲母書房
書籍詳細

引きこもるという情熱

しばらくお待ちください。
芹沢俊介 【著】
1,600円(税込:1,728円)
社会/社会問題
四六判 / 上製
192頁
2002年05月25日
978-4-87672-121-4
4-87672-121-1


引き出し症候群と、その周辺にある考え方を論理的に批判し、引きこもり現象を全面肯定する!
「正しい引きこもり」において引きこもり現象は、一人ひとりに固有の物語であると同時に、それは物語としてある共通の軌跡をたどるのである。それが引きこもりの往路・滞在期・帰路というプロセスである。

T 引きこもり現象の背景
第一章 引きこもりの社会心理学的背景
第二章 社会的引きこもり観の限界
第三章 引きこもりの危機T 引きこもり引き出し人
第四章 引きこもりの危機U 社会的自立論について

U 正しい引きこもり―引きこもりにはプロセスがある
第五章 引きこもりの往路 引きこもりのプロセス1
第六章 滞在期について 引きこもりのプロセス2
第七章 自己領域と帰路について 引きこもりのプロセス3

V 具体例を考える
第八章 女性が引きこもるとき
第九章 引きこもりを生み出す環境 〈教導する父〉の問題
第十章 引きこもりの意味 撤退と退行

W 引きこもりの失敗
第十一章 引きこもりと暴力 正しく引きこもることの大切さT
第十二章 正しく引きこもることの大切さU 西尾市十七歳ストーカー殺人事件



Copyright(c)2007 KiraraShobo Ltd.All Rights Reserved