雲母書房
書籍詳細

介護職よ、給料分の仕事をしよう

しばらくお待ちください。
三好春樹 【著】
1,800円(税込:1,944円)
介護全般
A5判 / 並製
208頁
2008年11月20日
978-4-87672-254-9
4-87672-254-4


仕事はきついし、給料は安い、おまけに人手不足
 
閉塞する介護の世界を、辛辣な批判とユーモアで拓く最新介護発言集

序 章 介護職よ、給料分の仕事をしよう
介護職よ、給料分の仕事をしよう

第1章 老いに「近代」は似合わない
近代主義には困ったものだ
なんて短絡的なんだろう 〜筋トレで老化と闘うのだそうだ
なんて単純なんだろう
「認知症は病気」、よく言うよ。
「感情失禁」論
「脳トレ」やるほど呆ける、その根拠

第2章 異文化との出会い
老年期の消滅 〜ニューオリンズは他人事ではない
異文化としての老い
「生きたい」と「死にたくない」 〜インド・ムガルサライ駅前広場の夜
なぜインドか、なぜ「共同幻想論」か
『ユニット・個室』誤りの理由

第3章 本を読もう、仕事に活かそう
「禁制論」と介護現場
近代的因果論への静かな異議
転職をすすめる根拠
現場が生んだ介護の本の最高傑作
現実は厳しいからこそ本を読もう
介護現場のギャグの意味
看護師にも介護職にもおすすめの1冊

第4章 介護の世界に「事典」ができた
介護の世界に「事典」ができた
ミネルヴァの梟
「事典」をコミュニケーション・ツールに
ぬる問題
のらくろ
私物
昭和も遠くなりにけり
排泄最優先の原則
80過ぎたら生き仏
牧人権力
時間の構造化
母性

第5章 介護はどこへ向かうのか
マイナスをゼロに 〜幻想はもう捨てよう
現場から届いたコトバ
認知症につきあえる人とは 〜「心の闇をめぐって」
人の動きの生理学が根拠
存在論的武装解除 〜質問に答えて

終 章 対談「ケアの時代に必要な心と方法論」
介護職よ! 職場は辞めても仕事は辞めるな 大田仁史×三好春樹



Copyright(c)2007 KiraraShobo Ltd.All Rights Reserved