雲母書房
コラム

松村康貴


コラム筆者書籍一覧
たまたま
1月18日(水)、たまたまの会のお知らせ
2012.01.16
あけましておめでとうございます。
1月18日(水)19時より、雲母書房にて「たまたまの会」を開催します。
内容は『母よ!殺すな』の輪読です。参加条件はとくに設けていませんので気軽にお越しください。
個人的な話ですが、

三好春樹さんの編集する雑誌『ブリコラージュ』にも書いたヤスパースの言葉、「私がそこに居合わせて、そして他の人間が殺された今もなお私が生きながらえているという場合には、私がまだ生きていることが私の罪なのだ」(『戦争の罪を問う』平凡社)を今年1年じっくりと考えてみたいと思います。
もちろん、今の早急的な問いとしてある原発の存在を念頭に置きながらです。
そのことの道標は2つです。「国家」という見方と「処理する」という事態、この2つをどう考えてゆけばいいのか、それが私には大きなテーマです。

そうした意識をみなさんと共有できるものなのか果たしてわかりませんが、話し合える機会があれば幸いです。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
Copyright(c)2007 KiraraShobo Ltd.All Rights Reserved