雲母書房
コラム

高岡健(たかおか・けん)
1953年徳島県生まれ。精神科医。岐阜大学医学部卒業。岐阜赤十字病院精神科部長などを経て、現在、岐阜大学医学部精神病理学准教授。日本児童青年精神医学会評議員。雑誌『精神医療』編集委員。
著書に『自閉症論の原点』『別れの精神哲学』『新しいうつ病論』 『人格障害論の虚像』(雲母書房)『孤立を恐れるな!』(編著、批評社)など。


36〜40件(全76件) 前の5件 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 次の5件
(41)ビンラディン論
2011/05/10
▼ウサマ・ビンラディンが殺害された。2011年5月1日、パキスタンで、アメリカ特殊部隊が急襲して頭を撃ちぬき、遺体は海へ流したのだという。ビンラディン側は全く武装していなかったか、武装していたとしても発砲したのは一人だけだったと報道されている。

(40)震災小論
2011/04/25
▼拙宅に客人が訪れてくれたなら、一緒に食べようと考え置いてある鯨肉缶には、宮城県石巻市という製造地が記されている。和歌山県太地町などとともに、捕鯨基地を擁する石巻市の震災被害に気をもんでいると、ニューヨークタイムズ紙の記事が目にとまった。

(39)続秋葉原殺傷事件論
2011/04/08
▼東北大震災以降、日本が二つに分かれたかのような錯覚に、とらわれる瞬間がある。実際には被災者の疎開や民衆レベルでの支援という動きがあるのだから、もちろんそれは錯覚でしかない。

(38)私小説論
2011/02/21
▼西村賢太の芥川賞受賞が、話題になっている。対照的な作風にみえる朝吹真理子との同時受賞だったことと、現在では絶滅したかに思われていた私小説を自任する作品への注目が、もちろん話題の理由なのだろう。

(37)地方競馬論
2011/01/17
▼2011年1月7日の笠松競馬場で、レース中に整備車が誤ってコースに進入するアクシデントが起きた(「毎日新聞」1月8日朝刊)。1800メートルのレースを、800メートルだと運転手が勘違いしたため、馬が1周した時点で整備車2台がコースに入り、そこに2周目の最終コーナーを回った馬が走ってきたのだという。

36〜40件(全76件) 前の5件 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 次の5件


Copyright(c)2007 KiraraShobo Ltd.All Rights Reserved