雲母書房

会社案内

会社案内

雲母を「きらら」と読ませるのは、当て字ではありません。ちゃんと国語辞典に出ています。鉱物の雲母 (うんも)がキラキラ光ることから転じた古称ですが、語感がいいので一度覚えていただくとけっこう記憶に残る社名だと思います。後から知ったことですが、29歳の親鸞聖人が比叡山から京に下った道が「雲母坂(きららざか)」でした。

出版の主なジャンルは、介護、福祉、医療、心理、精神医療、保育、教育ですが、建築や歴史や音楽、また思想や仏教書もチラホラあります。特に、近年は介護関係の本が質量ともに堅実ですので、書店さんには雲母書房=介護本の出版社、というふうに認知されるまでになりました。ですから、これからは介護以外の分野の出版でも同様に認められるようになりたい。

というのも、こうして出版の軸にしてきたジャンルを眺めると、雲母書房がこだわってきたテーマは「生老病死」ということに集約されるからです。生まれ育つこと、老いること、病むこと、そして死ぬこと。仏陀が人間の「苦」の源と考えたこの4つのテーマは、21世紀を生きる私たちにとってもなおアクチュアルな問いであり、私たちの実存をめぐる根源的なドラマであり続けています。

人がその人生の中で例外なくぶつかる諸問題に添って、雲母書房の書籍がラインナップされている、それが私たちの夢です。子育てに悩んだとき、心の病で精神のバランスを崩したとき、老いて障害を抱えたとき、死に直面したとき、そんなとき頼りになり心の支えになるような本をこれからも出版していきたい。

一方で、子ども、病んだ人、老人は、社会の病理をもっとも鋭敏に映し出す鏡でもあります。ここに視点を据えてみると、この社会の酷薄さがよく見えてきます。そういう社会批判と社会変革というモチーフを欠落したら、おそらく出版活動を続けていく意味はない。私たちは、その志をこれからも貫いていきたいと考えています。

さあ、どんな本に出会えるか、ゆっくりページをのぞいて見てください。

代表取締役 茂木隆幸

 

会社概要
商号 株式会社 雲母書房
創業 1988年(昭和63年)
資本金 10,000,000円
代表者 茂木隆幸
所在地 〒196-0004 東京都昭島市緑町5-9-3
TEL:042-519-2971 FAX:042-519-2972
事業内容 図書の出版及び販売 セミナーの企画・運営
取引銀行 城北信用金庫 西武信用金庫
取引取次店 トーハン 日本出版販売 大阪屋 太洋社
栗田出版販売 中央社 鍬谷書店

 

 

アクセス

★東京環状(国道16号)と新奥多摩街道の交差点(小荷田交差点)の東側 「雲母書房」の看板あり
電車の場合
お車の場合
JR拝島駅より徒歩12分
中央道八王子インターから、昭島方面に出て新奥多摩街道を左折、東京環状を右折してすぐ左側

 

 

お問合せ

メールフォームよりお問合せください。
「お問合せ」

電話番号:042-519-2971
FAX番号:042-519-2972
営業時間:平日 10:00〜17:00
休  日:土・日・祝(年末年始)


Copyright(c)2007 KiraraShobo Ltd.All Rights Reserved